感染対策チーム(ICT)

ICTラウンド病院には感染症にかかっている方、免疫力が落ちており感染症にかかりやすい方が多く入院しています。また感染症治療のために抗菌薬が使用されるために、抗菌薬が効かない細菌(耐性菌)が潜んでいる可能性もあります。
このような環境の中でICT(Infection Control Team:感染対策チーム)は、病院内で発生する様々な感染症から患者様、御家族、職員の安全を守るために活動しています。
当院ICTは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師で構成されており、感染防止対策の推進のために院内回診、感染対策の啓発、サーベイランス(調査監視)等を行っています。院内回診は毎週水曜日に院内各部所の衛生状況を監視して、医療環境の整備に努めています。
啓発活動としては年に数回の職員向けの感染管理研修や毎月ICTニュースを発行して、国内外での感染症発生動向等の情報の共有等を行っています。サーベイランスでは院内の感染発生動向の調査、耐性菌の検出状況、手指衛生剤の使用量の把握等を行っています。
上記以外にも抗菌薬適正使用の指導、感染発生時の対応、インフルエンザなどの感染症流行時の対応等様々な活動を通じて、感染の予防・早期発見・拡大の阻止に努力しています。

感染管理認定看護師としての活動

感染管理認定看護師の資格を取得し2012年に発足した感染制御チーム(Infection control team : ICT)に所属しながら、感染管理の専従者として勤務しています。院内で確認された感染症の動向を調査し、医療行為によって発生してしまう感染症を監視し、病院に出入りする全ての人を感染から守るための組織づくりや職員教育が主な業務です。年間を通じて、看護部のみならず、全職員または部門対象の感染予防研修を企画し、求められる基本的な感染防止技術が習得できるように指導しています。さらに院内をラウンドし、感染予防について問題が潜んでいないか確認しながら改善へ向けて現場が動けるように働きかけています。また、院外における教育講演を依頼される事もあり、地域の関心の高さに合わせて活動の場が広がってきています。委託業者も含めて全部署に組織横断的に関わる仕事であり、コミュニケーション能力を駆使して良好な関係を築かなければ役割を果たすことは難しく、苦慮する場面もあります。しかし、与えられた職務を通じて自己成長できる事は大きな喜びであり、今日よりも明日の自分が“安全な医療の提供”へ貢献するという意欲をもって日々邁進していきたいと思っています。

医療安全管理室  足立 輝代

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)医師、薬剤師、看護師、管理栄養士など多くの職員が専門知職を持ち寄り、患者さんに適切な栄養管理を行うチームです。
当院は、毎週木曜日の15時から低栄養(栄養不足)の患者さんの総合栄養療法(点滴から食事まで)について、チームで検討し、主治医・看護や患者さんへ提案しています。その後、チームのメンバーで病棟回診(NST回診)を行い、患者さんの身体状況(食欲、活気など)の評価と食事を召し上がれる患者さん・ご家族には、食べやすい形態・栄養補助食品の提案などについてお話しするとともにご相談しています。

医療安全管理

az医療安全管理室は、当院をご利用される患者さんの安全性を確保し、よりよい医療サービスを提供するとともに、職員一人一人が安心して安全に働ける職場環境を作り上げることを目的に平成22年に開設されました。
医療安全管理室の具体的な活動として、患者さんに安全な医療を提供する為に、院内で挙げられたインシデント(重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例)・アクシデントレポートを基に事例検討を行っています。事例検討では、事象の背後に潜むシステム上の問題や人的要因に絡む問題などを分析し、原因追究、改善策の検討と実施にむけての具体的活動などを各部署のセーフティーマネージャーと協同し再発させないための見直しや整備を行っています。また、緊急時の現場におけるスタッフの指導や所属長を含め直接面談をしています。
医療安全に関わる、患者さんのご相談や不安を受け、安心して入院を継続していただけるように面談を通して患者さんとご家族に真摯に関わっています。
また、定期的な院内巡視を行い、患者さんに安全な療養環境が提供されているか、取り決めた安全対策が実施されているかなど、職員全員が医療安全推進のために積極的に取り組んでいるか等の評価を行っています。

今年の10月から医療法改正により制度化された「医療事故調査制度」が開始されました。
医療時事故調査制度の目的は、医療事故の原因究明に基づいて再発防止とより安全な医療の確保としています。当院もこの制度に適切に対応する為のシステムの見直しと、全職員がより安全な医療を意識して提供できるよう取り組んでいきます。

栄養指導

  • 医療安全に関する現場の情報収集、実態調査
  • 医療安全マニュアルの作成、点検及び見直しの提言
  • 医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
  • 医療安全に関する職員への啓発、教育活動の企画、運営、医療安全ニュースの発行
  • 医療安全管理に関する連絡・調整
  • 患者さんの医療安全に関する相談対応

安全管理室 チームスタッフ

室長 副院長
医療安全管理者 専従1名(看護師長)
医療機器安全管理者 1名(臨床検査技師長)
医薬品安全管理者 1名(薬剤科主任)

褥瘡(じょくそう)対策チーム

当院は褥瘡対策委員会が中心になり、褥瘡の発生予防と治療に取り組んでいます。
メンバーは、外科医師・看護師・管理栄養士や理学療法士等、多職種が連携しチームとして活動します。栄養管理は、栄養サポートチーム(ǸST)との連携、褥瘡の治療に必要な医療器材や衛生材料の購入等、委員会として組織を通し、しっかりと患者さんのサポートをしています。また、日進月歩で変化する治療や予防法など、具体的に手順を改正し、社会から求められる最善の予防と治療ができるようチーム医療として取り組みしています。毎月の褥瘡発生数やすでに在宅や施設で発生し入院となったケースなどの把握から、当院における褥瘡発生数は0~0.06%となっています。褥瘡回診は毎週、実施しています。ǸSTからの情報を踏まえた治療や患者さんにとって必要な体位変換のチェックを確認し治療に成果を上げています。

看護職をはじめ全職種を対象に、年2回褥瘡対策研修としてポジショニングについて学び、体位変換の具体策から褥瘡発生予防に効果を上げています。

緩和ケアチーム

チーム医療ページ_緩和ケア緩和ケアチームの活動は、緩和ケア医師や必要に応じて臨床心理士などと、院内で横断的な活動をしています。外来患者さん、一般急性期病棟に入院されているがん患者さんを対象として、身体的・精神的・社会的苦痛からの相談(コンサルテーション)を受け、がん患者さんへの介入を行っています。受持ちチーム・看護師からの情報をもとに、患者さんを訪問し、患者さんの困りごとを聴き、受持ちチームとともに「今、本人に何が起きているのか」「優先的なケアは何か」など情報の整理をし、患者さんにとってのより良いケアについて検討しています。また、介入を通して、がん医療に携わる看護師の育成を目指し、看護師自身の困りごとを聞いたり、看護師自身でケアを考えることができるような教育的な関わりもしています。

緩和ケア認定看護師  師長 片山 桃子

在宅訪問診療

トリミングイメージ_チーム医療 訪問診療当院は、在宅医療に積極的に取り組んでいます。毎週定期的に、訪問診療担当医が外来看護師とともにご自宅に訪問させていただいています。
在宅における訪問の特徴は、緩和ケアなど終末期の患者さんも含め、緩和ケアの専門医と緩和ケア認定看護師とともにご自宅で安楽な毎日を過ごしていただけるように援助を継続しています。ご家族とのあたたかい生活が、生きる喜びになることを支援したいと思います。