薬剤科のご案内

薬剤科薬剤科では、7名の薬剤師が、患者さんの使用される全ての薬剤のことについて責任をもって関わっています。
薬剤師の仕事は患者さんを中心として治療や予防注射の実施など薬剤に関わることを把握しなければいけない責任があります。薬に対する患者さんの不安、疑問を解決しています。安心して頂くとともに、納得して薬を服用(使用)していただけるよう患者さんに対し各病棟の担当薬剤師が服薬指導を行っています。

また、医薬品の選定から購入、管理、供給、使用、その他さまざまな業務を通じて医薬品の適正で安全な使用に努めています。医師の処方せんに基づき調剤しますが、用法・用量・相互作用・アレルギー等のチェックを全処方に対して行っています。医薬品の適正使用につきましては、医師、看護師など関わりの深い職種と常に連携を保ち、安全性の高い服薬方法など適正使用に責任をもった活動をしています。
 
供給、使用については主に内服・外用・注射薬の調剤業務があります。医師の処方せんに基づき調剤しますが用法・用量・相互作用・アレルギー等のチェックを全処方に対して行い、医薬品の適正使用を進めています。     入院時、持参薬を使用する際も同様のチェックを行っています。
注射薬は中心静脈から投与する栄養輸液(高カロリー輸液)と抗がん剤は、専用設備で薬剤師が調製します。
高カロリー輸液はクリーンベンチで調製することにより空気中の細菌の汚染を防ぎ、感染予防に貢献しています。抗がん剤は細胞毒性が強いため安全キャビネットで調製することにより院内スタッフへの汚染・曝露を最小限にしています。

医薬品は個々の医薬品情報がとても重要で、医薬品情報室で医薬品に関する情報の収集、整理を行い院内各部署からの問い合わせの対応や、情報提供を行い医薬品の有効かつ安全な使用を薬剤師の責任で行っています。

その他、ICT(感染制御チーム)での活動による抗菌薬(抗生剤など)の適正使用、特定抗菌薬の投与設計、NST(栄養サポートチーム)での活動や院内の各委員会に積極的に参加し、チーム医療に貢献しています。

薬剤科スタッフ

薬剤科スタッフ