area

地域連携室のご案内

2004年に宮川病院に地域医療連携室(以下連携室)が設置され、10年が経ちました。
地域の保健、医療、福祉、介護等の関係機関と連携して、患者さん・ご家族のニーズにあった社会資源を提供し、
患者さん・ご家族の不安軽減を目指しております。
連携室は、地域との連携業務だけではなく、総合医療相談窓口業務も担っております。
通常ですと、連携室で地域からの依頼を受け、相談室で相談を行い、二部署で連携していると思いますが、
当院は、全て一部署で行う為、始めから関わることができる幅広い業務が特徴的です。

院外連携の業務内容は、紹介・逆紹介依頼の対応や医療相談、事の次第によっては
患者さんの介入支援を行っています。
少ないベッド数ではありますが、月100件の医療相談に対応しています。
また、今年3月より、地域包括ケア病棟をオープンした為、その相談窓口も担っています。
ケアマネジャーより、施設入所をさせたい患者さんがいるが、血糖値が安定しない事で入所が出来ないと相談を受け
血糖コントロール目的で入院した患者さんがおりました。一般急性期病棟では、入院期間に制限があるため、
長期入院が困難と思えるケースも、地域包括ケア病棟が開設された事で可能になりました。
その他に、「川崎市あんしん見守り一時入院」や、セカンドオピニオンの窓口業務があります。
院内連携における連携室業務は、平均在院日数の適正化を図る為、効率的な退院支援が求められており、
その協議する場として「地域医療連携委員会」を開催し、また各病棟の内科・外科カンファレンスに出席しております。
地域との連携や院内の連携無くして、連携室の業務が成り立たないといっても過言ではなく、
だからこそ私たちは大変大切にしております。
連携室は、これからも地域や患者さん・ご家族の窓口として、笑顔での対応を心がけております。
今後とも連携室を宜しくお願い致します。

主な業務について

  • 地域との連携業務(地域包括ケア)
  • 総合医療相談窓口
  • 院外連携業務(紹介・逆紹介依頼や医療相談)
  • 退院支援
  • 川崎市あんしん見守り一時入院の対応
  • 川崎市あんしん見守り一時入院の対応
  • セカンドオピニオン窓口

地域連携室での業務実績

相談内容

相談内容 24年度 25年度 26年度
退院支援 転院 443 290 310
施設 171 155 139
在宅 49 95 145
選定 48 41 82
入院 一般 58 86 54
緩和 0 60 0
受診 177 212 124
施設入所 28 17 7
社会資源 49 43 34
その他 418 370 396
合 計 1441 1369 1291

関連機関との連携件数

連携機関 24年度 25年度 26年度
病院 1199 1282 1049
施設 489 385 408
福祉 116 128 165
包括 177 218 327
ケアマネジャー 144 352 333
その他 377 311 265
合計 2502 2676 2547

地域連携室の受付時間

相談受付時間:午前:8:00〜11:30/午後:13:00~17:00
(日曜日・祝日・土曜日午後・年末年始12月30日~1月3日は除きます)
電話番号:044-222-3287

提携先の機関・施設

川崎大師訪問看護ステーション

主治医と連携し、在宅療養生活を支援。

崎大師訪問看護ステーション経験豊富な看護師がご家庭を訪問し、かかりつけの医師の指示を受けながら訪問看護サービスを提供しています。また、地域の介護支援センターや保健所などと連携し、患者さんのより良い在宅療養生活を支援しています。

  • 指定居宅介護支援事業所
  • 指定訪問看護事業所

〒210-0802 川崎市川崎区大師駅前1-5-4 2F
TEL:044-266-2180 FAX:044-266-2189
E-mail:daishist@tky3.3web.ne.jp
URL:http://daishist.org/
 
 

療養通所介護 まこと

安心して在宅で療養生活を送れるように。

療養通所介護 まこと介護保険法と合わせて、児童福祉法に基づく児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業・生活介護事業を、重症心身障害児・者を対象として支援します。小児から高齢者まで医療的処置が必要な方でも安心して利用できるサービスを目指しています。

  • 療養通所介護事業所

〒210-0802 川崎区大師駅前1-2-9
TEL:044-280-6676
URL:http://daishist.org/