リハビリルーム

リハビリテーション科の使命

リハビリテーション科の使命は病院理念と医療倫理に基づき、地域医療に貢献することです。
リハビリテーションは患者さんの急性期対応から始まり、生活環境や業務環境に戻していく役割を担っています。また日常生活における機能、能力の維持に関してもその役割を果たさなければなりません。対象者の機能・能力の維持、向上を通して地域のニーズに対応し、病院理念を実践していくことが当院のリハビリテーションの使命です。
そのため、当院のリハビリテーションは幅広い病期への対応、多岐に渡る疾患、障害への対応、地域性への対応、回復期リハや長期療養等の他の医療施設との連携、介護保険に関する連携などの多くの機能をもっています。

  1. 急性期から回復期、維持期まで幅広くフォローすることで、地域病院としての一連のサービスを提供すること
  2. 外科・整形外科の手術後の離床に対応すること
  3. 急性期病院からリハビリテーション目的の患者さんを受け入れ、退院に導くこと
  4. 高齢者を中心とした廃用症候群のリハビリテーションに対応すること
  5. 地域性に合わせて運動器不安定や内科的合併症等を有する高齢者のリハビリテーションに対応すること
  6. 回復期リハ病棟をもつ他施設と連携し、復帰に向けた療養環境に導くこと
  7. 医療保険、介護保険との調整を円滑に行うため、関係部署と連携すること
  8. 常に業務改善に努め、在院日数の短縮化、患者満足度の向上など業務の健全化に貢献すること

リハビリテーション科の特徴

一部の機能に特化するのではなく、高齢者が多い地域ニーズに合わせて急性期から亜急性期、維持期まで全ての病期に対応しています。このため急性期対応から在宅復帰に備えた退院前訪問による家屋環境調査、退院後の外来リハビリテーションまで、一人ひとりの患者さんを継続してサポートを行っています。当院から直接在宅復帰される患者さんは地域包括ケア病棟において一定期間リハビリテーションを集中的に行い、十分な退院支援の後に退院となります。

回復期リハビリから外来リハビリまでサポート

回復期リハビリから外来リハビリまでサポート長期の回復期リハビリが必要と判断された患者さんは地域の回復期リハ病院と連携してリハの継続を図ります。回復期リハが終了した患者さんは必要に応じて在宅生活の状況に合わせた外来リハビリテーションを行っています。
当地域は老老介護や独居世帯が多く、家族がいても日中独居となることがしばしばです。このため、特に高齢者では退院前訪問リハ指導による家屋環境調査を行ったり、医師、退院支援看護師、地域医療連携室、地域のケアマネージャーや在宅支援事業所と共同で行うケアカンファに参加するなど、在宅復帰に向けた支援チームの一員として活動しています。

入院リハビリテーションについて

OT入院リハビリテーションの対象は整形外科領域では大腿骨近位部骨折や脊椎圧迫骨折、内科領域では肺炎等の呼吸器疾患や心不全、脳卒中、外科領域では開腹手術後、また安静や摂食障害により生じた廃用症候群などが主なものです。地域包括ケア病棟の稼働開始後は、急性期病院から受け入れた患者さんについて病状に合わせた対応を行っています。
外来リハリハビリテーションは退院後の在宅生活にあわせたフォローアップと高齢化地区という地域ニーズの高まりから高齢者の運動器不安定症(転倒しやすい状況)への対応が多くなっています。このため理学療法では運動機器を用いた筋力訓練を積極的に行っています。
作業療法では日常生活動作だけでなく、手首の骨折や肩の障害に対応しています。近年は中周波筋刺激装置を活用した痛くない筋再教育にも取り組み、手を中心とした機能向上に成果を上げています。高齢者に合わせたゆったりとした環境の中で、会話も大切にしながら暖かい雰囲気作りをしています。

リハビリの診療日について

訓練の連続性が損なわれないよう、日曜日(午前中のみ)、祝日(全日)も稼働しています。年末年始は継続したリハビリが必要な手術後の患者さんや回復期にある患者さんを中心に治療を行います。

疾患別の特徴

大腿骨近位部骨折

手術見学でより知識を深め、安全に効率よく。
年間40件前後の大腿骨手術があります。近年の術後感染はありません。ほとんどが術後1日目から離床、全荷重許可となっており、起立歩行を早期に確立しています。このため作業療法でも排泄の更衣動作などの立位で行うセルフケア練習を早期から開始しています。全体の60%が自宅復帰者で、平均年齢は80歳です。一般病棟からの退院だけでなく、歩行確立後に自宅生活に備えた地域包括ケア病棟でのリハビリテーションを行ことも多いため、在院日数は35日前後です。他は回復期リハ病院、老健施設、老人ホームなどへの退院が主です。
また近位部骨折に限らず、整形外科領域では医師、手術室の支援による手術見学を積極的に行っています。担当患者の手術見学を通し、医師に説明を受けながら実際に自分の目で見ることにより、解剖や術式の理解を深め、的確なリスク管理や対象者の状態にふさわしいプログラム立案が行えるようになります。

脊椎圧迫骨折

装具装着し、早期の起立歩行へ。

軟性コルセットまたは体幹ギプスを巻いての離床から、体幹装具キャッシュを装着して早期に立位・歩行を行う手順に変更しています。ほとんどが翌日から歩行開始しており、臥床期間は1日程度に短縮されています。廃用に陥ることなく歩行やセルフケア練習を早期に開始しています。

脳卒中

地域クリニカルパスによる連携を進め、当院での脳卒中リハの強化を図る予定です。

外科術後

手術翌日より病棟にて呼吸訓練や離床促進を行っています。高齢者の場合は歩行やセルフケアのリハビリを退院可能となるまで継続し、十分な耐久性を獲得させています。

チーム医療の連携

チーム医療の連携

カンファレンス

整形外科の回診、カンファレンスは毎週行っています。整形外科の回診にリハスタッフが参加し、医師の治療方針、リハの進行度など直接に情報交換しています。毎週木曜日、医師、看護師と共にカンファレンスを行い、チームとしての治療内容の検討を行っています。H27年10月より訪問看護ステーションの理学療法士も参加し、連携が強化されています。院内LANが構築され、リハ科に画像参照システムが導入されています。MRI、CT、レントゲン写真などの画像データがいつでも訓練室で確認できるようになっています。 

病棟カンファレンス

各病棟の内科退院支援カンファレンスに参加しています。情報交換だけでなく、退院支援の訪問依頼などを受けています。

内科カンファレンス

月に1回、内科のリハビリ患者のすべてを医師と情報交換しています。

主治医との連携

内科、外科のすべてのリハビリ患者さんについて、2週間に1回、それぞれの主治医と文書で連携をとっています。

安全管理について

安全管理基準を作成し、ベッドサイドリハも安全に行えるよう対応しています。
急変時に対応できるようスタッフ全員が院内BLS研修を受講し、認定を受けています。スタットコール体勢がとられており、緊急時に医師、看護師の迅速な対応が受けられます。

院内の活動について

photo_riha3_2看護部の教育プログラムの一環として、移乗介助法の研修会を毎年開催しています。移乗介助の知識、技術の研修を通して、患者さんにも医療者にも安全で優しい介助ができるよう活動しています。
糖尿病教室で、運動の効果の解説や体操指導を受け持っています。リハビリの専門性を生かして地域の方々の健康管理のお手伝いをさせていただいています。

臨床実習について

臨床実習大学、専修学校から毎年6名前後を受け入れています。見学実習は毎年4名です。当院に就職した学生も多くいます。カンファレンス参加、症例発表、勉強会、退院前訪問の同行などなるべく多くの経験を積めるよう計画しています。基本的に見学実習ではなく、患者さんの承諾を得て担当する方法をとっています。学んだことや気づいたこと、困っていることを1日の終わりにミーティングで共有します。実習指導者と毎日ミーティングを繰り返しながら楽しく、真摯に取り組んでいただいています。

リハビリテーション科の体制

理学療法と作業療法はそれぞれの訓練室が境なくつながっており、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)お互いの訓練が見える様になっています。入院リハビリはPT、OT間で情報共有しながら術後離床、病棟訓練にも共同して関わっており、両者で助け合いながら同時に対応することもあります。このため相互の申し送りもスムーズに行えており、効率のよい安全な治療が可能となっています。
毎週水曜日、PT,OTそれぞれで全患者の報告会を行っています。両者それぞれで全患者の情報共有を行っているため、意思疎通が図りやすく、安全管理上も有利となっています。スタッフ数は多くはありませんが、スタッフ全員が良好な関係を築きながら共同して業務に当たっています。いつも全スタッフの顔が見える距離で互いに声を掛け合い、助け合っています。「よろしくお願いします」「ありがとうございます」・・・互いに掛け合う二つの言葉を大切にして、日々の業務を頑張っています。

スタッフ紹介

OT2年目 山田 崇史

rin1宮川病院のリハビリテーション科は、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)間でしっかりとコミュニケーションを図り日々の業務を行っています。スタッフ数は多いとは言えないため一人一人にかかる責任は重大ですが、科全体として情報を共有しやすく、術後の離床や訓練など連携をとりやすい環境作りがなされていると思います。また、定期的にカンファレンスも行われており、患者さんの状態を理解している医師、病棟での様子や日々の過ごし方を把握している看護師との距離感も近く、現状とリハビリとの関連性を捉えやすいため、安心してリハビリを進めることが出来ます。
宮川病院は急性期病院ですが、高齢者の方々が多い地域という特色もあり、急性期から維持期まで全ての病期に対応しなければなりません。そのため在院中のリハビリテーションはもちろん、外来訓練でのフォローアップや、退院後の生活環境の考慮等、多様なリハビリテーションのかたちを学べる場所だと思います。
就職してからの1年間は経験も知識も足りない中、先輩方にしっかりとした指導・フォローをしていただき、少しずつですが業務にも慣れ、充実した1年間を送る事が出来ました。今後は対象者の方が安心・満足して次の環境へ進んでいけるよう、一医療従事者として質の高いリハビリテーションを提供するために、摂食・嚥下・上肢機能など、より専門性を高めていけるよう研修会や日々の勉強を重ね、成長するため努力していきたいと思います。

PT3年目 下地 勇輔

リハ科(下地)宮川病院のリハビリテーション科は様々な疾患・病期に対応し理学療法士(PT)作業療法士(OT)が連携しながら患者さんの機能・能力の維持向上を図っています。退院先も在宅・施設・医療機関と様々であり、在宅における療養のアドバイスや医療連携のための情報提供にて支援を行っています。
地域密着型の病院であるため病状によっては入退院を繰り返す方や、退院後も外来リハビリが必要になる方々がいらっしゃるため長期に渡って患者さんと関わることで心身ともにサポートさせて頂いています。そのため患者様とは距離感を感じない信頼関係を作ることができ、安心できる雰囲気の中リハビリを提供することができます。
リハ科のスタッフ間の仲も良く、PT・OT間も隔たりが無いためお互いの考えを尊重し協力しながら何が患者さんのためになるかを一緒に考え治療へとあたります。
私も宮川病院に入職してから三年目になりますが、リハ科の先輩方からは知識だけでなく社会人として・医療人として手厚い指導をして頂けるため不安なく患者様のリハビリに専念できます。また、他部署との連携も充実しており医師の同席の下、各科のカンファレンスを週4回に渡り実施することで患者さんの病状と今後の方向性を確認していきます。
リハ科では安全対策に力を入れており、事故のないよう細心の注意を払っています。リハビリのプログラムには移乗や歩行等の転倒転落の危険性があるメニューもあります。しかし歩行能力や日常生活動作の向上の為には重要なポイントとなってくるため安全ベルトを取り入れた練習や各スタッフが協力し合って見守りの連携を行うことによって対応しています。
私も入職してから一番指導を受けたのが安全対策でした。そのおかげでこの三年間患者さんに怪我をさせることなくリハビリを提供することができています。
これまでリハ科の先輩方の指導の下、様々な疾患・病期の患者さんと接し治療の知識や社会人としてのマナー等数多くのことを学びました。これからは私にも後輩が出来てくるのでその時に先輩方から学んだ事をしっかりと伝えていけるよう、また自分自身も勉強会に積極的に参加し新たな知識・技術で患者さんを今以上に支援できるよう頑張っていきたいと思います。