Untitled-1患者さんは、人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利を持っています。 医療は、患者さんと医療提供者がお互いの信頼関係に基づき協働して作り上げていくものであり、患者さんに主体的に参加していただくことが必要です。

当院では、「誠の医療に徹する」 という理念のもとに生命と健康を守ることを使命として、患者さんとより良い信頼関係で結ばれた医療が提供できるよう、患者さんの権利を明確にするとともに患者さんが守るべき責務を定め、「患者の権利と責務」としてここに明示いたします。

患者さんの権利

  • だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受けることができます。
  • 一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受けることができます。
  • 病気の内容,検査の必要性,治療の方法などについて、理解しやすい言葉で納得できるまで十分な説明と情報を受けることができます。
  • 十分な説明と情報提供を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択することができます。
  • 他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
  • 自己の診療記録の開示を求めることができます。
  • 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。
  • v研究途上にある医療に関し、その目的や危険性などについて十分な情報提供を受けた上で、自らの自由な意思に基づいてこれを受け、または何ら不利益を受けることなくいつでも拒否することができます。

患者の責務

  • 医療提供者と力を合わせて治療に参加し、最大限の治療効果を発揮するために協力して下さい。
  • より適切な医療提供のために、ご自身の症状,既往歴等の健康に関する情報をできるだけ正確に伝えて下さい。
  • すべての患者さんが快適な環境で医療を受けられるようにするため、他の患者さんの治療や病院職員の医療提供に支障を与えないなど、社会的ルールや当院の諸規則を遵守して下さい。
  • 治療に要した費用などは、適正にお支払い下さい。