平成27年度 宮川病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 30 29 73 120 208 355 333 142
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 年齢は入院日時の満年齢としています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 当院の退院患者を10歳刻みの年齢階級別にみると、60歳以上が全体の80%近くを占めています。
 特に70歳~89歳は全体の約50%を占め、突出して多いことが分かります。
 これは、社会の高齢化が進む中で医療を受ける人口の年齢が高くなっていることに起因するものと考えられます。
 また、当院は地域医療への貢献を理念とし、川崎大師の地で100年以上にわたり医療を提供してきた歴史がありますが、川崎市全体での高齢化率が24%であるのに対し大師地区の高齢化率は27%と高いこと(※1)や、特に当院の立地する地が川崎大師平間寺の門前町として古くから栄えた地であることから、人口の流出が少なく高齢化が進んでいることも要因として考えられます。
(※1:平成28年度川崎市統計)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 手術なし 手術・処置等2なし 47 14.98 14.34 2.13% 69.04
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 27.74 21.69 9.30% 86.70
100070xxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 16 24.56 15.35 0.00% 63.88
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 最終的に当院を退院した段階で症例数としてカウントしています。
 転院とは、最終的に当院を退院した際の退院先が、他院への転院のものとしています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 内科では呼吸器系の疾患である肺炎が1・2位を占めています。
 高齢の患者様が多いことから、これらの疾患は重症化し2週間以上の入院となる傾向にあります。特に誤嚥性肺炎は、高齢になり嚥下機能が低下すると発症する可能性がありますが、治るまで日数がかかる傾向にあります。
 3位の2型糖尿病は、糖尿病増悪による合併症等、食事療法やインスリンを用いた血糖値のコントロールの為の入院が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 58 3.81 4.53 0.00% 67.43
06102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 22 8.50 7.91 0.00% 65.27
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 6.14 7.38 0.00% 63.38
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 最終的に当院を退院した段階で症例数としてカウントしています。
 転院とは、最終的に当院を退院した際の退院先が、他院への転院のものとしています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 外科では最も多いのは結腸の悪性腫瘍です。
 結腸を含む大腸癌は全国的に見ても増加傾向にある悪性腫瘍です。
 大腸癌は2014年の全国統計では癌の死亡者数において、男性では3番目に多く、女性では最も多い癌になります。当院では内視鏡を用いた癌の早期発見、早期治療に力を入れています。
 2番目に多い結腸の憩室、3番目に多い胃をはじめとした消化管の炎症も含め、当院では消化管の疾患の症例を多く扱っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 20 25.15 24.28 0.00% 84.25
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 11 29.82 28.70 18.18% 75.55
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 最終的に当院を退院した段階で症例数としてカウントしています。
 転院とは、最終的に当院を退院した際の退院先が、他院への転院のものとしています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 整形外科では骨粗鬆症の患者様が多くなっています。
 34歳~35歳を境にどんな人でも骨密度が低下していきます。
 骨密度の基準が一定レベルまで低下すると骨粗鬆症と診断され、その結果として日常生活の中で骨折のリスクが高まります。
 当院では、骨粗鬆症の早期発見と早期治療の為、定期的に骨密度検査を受ける事を推奨しております。
 2番目・3番目に多い股関節大腿骨近位骨折や、胸腰椎の骨折損傷も高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症したものが多いと考えられます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 105 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 5大がんと診断された患者様の延患者数を集計しており、同一の患者様が複数回入院された場合もそれぞれ計上しています。
 「初発」とは、当院で初めてがんの診断・初回治療を実施した場合を指し、当院または他院で初回治療が終了した以降の診療を行った場合を「再発」として集計しています。
 がんの病期分類は、がんの進行度によりStageⅠ~Ⅳまであり、StageⅣが最も進行していることになります。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 患者数としては大腸癌が多く、定期的な内視鏡検査の実施や外科的切除後の予防的な化学療法など、総合的な治療を当院で行うことができます。
 当院は他医療機関との連携により手術後・治療後の経過観察や在宅復帰を目的とした患者様を多く受け入れているため、多くが再発の患者様となっています。
 また、当院は緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 13.50 54.00
重症度 1 17 19.24 83.24
重症度 2 12 18.92 83.00
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 市中肺炎とは、日常生活を送っている中で発症した肺炎のことです。
 インフルエンザ等のウイルスによる肺炎や、誤嚥性肺炎は除外しています。
 重症度は数字が大きくなるほど重症となります。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 市中肺炎にかかる患者様の多くは高齢者であるとみられます。
 一般的には重症度が高くなると平均在院日数も長くなると考えられます。
 しかし当院では、重症度0に比べ重症度1以上は在院日数・平均年齢ともに長く・高くなっていますが、重症度1よりも重症度2の方が僅かに数字が下回っています。
 肺炎は、当院の内科で治療される患者様では最も多い疾患です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 18 26.83 73.56 22.22%
その他 14 31.57 77.29 28.57%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
定義:
 平成27年4月~平成28年3月までの退院患者様が対象です。
 脳梗塞関連の診断を受けた患者様の延患者数を集計しており、同一の患者様も1入院ごとに計上しています。
 脳梗塞関連の患者様の発症から入院までの日数別に、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。


解説:
 患者数としてはほとんどが脳梗塞の患者様となっています。発症から3日以内とその他が約同数となっていますが、当院では脳梗塞の急性期治療後に積極的にリハビリテーションを行うことのできる体制の確保に努めております。脳梗塞のリハビリテーションは後遺症からの回復をはかるのと同時に、再発や合併症を防ぐためにも早期に開始することが非常に重要です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K5972 ペースメーカ移植術 経静脈電極の場合
K597-2 ペースメーカ交換術
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 各科上位3位まで、手術方式の点数表コード(Kコード)別に集計しています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 当院では胃瘻造設術が最も多く、経口で食事や水分など、十分に栄養を摂ることができない患者様が適応です。脳梗塞後や嚥下機能の低下により肺炎を繰り返されてしまう患者様に多く、定期的なチューブ交換なども行っています。
 次いでペースメーカー移植術、ペースメーカー交換術となっております。こちらも当院でペースメーカー移植後の患者様が電池交換を目的に再入院されるケースが多く、当院では定期的なアフターケアを行うのと同時に患者様の細やかな経過観察を大切にしています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.90 1.59 0.00% 68.82
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 21 0.86 5.19 0.00% 68.81
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 4.45 14.05 5.00% 79.10
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 各科上位3位まで、手術方式の点数表コード(Kコード)別に集計しています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 検診などで腫瘍が疑われた患者様の内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を短期入院で行っています。次点の早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術は、内視鏡的切除後の病理診断などで早期大腸癌と診断された患者様に実施されます。年齢別に見ると結腸癌は60代以降で好発しやすく、大腸がん検診など積極的な定期検診を受けていただきたい疾患の1つです。
 3番目の内視鏡的ステント留置術は膵胆管疾患に対して行われ、外科では消化器系の手術が多くを占めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 18 3.78 25.39 11.11% 76.66
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 11 2.00 21.08 0.00% 60.45
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(手舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他)
定義:
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 各科上位3位まで、手術方式の点数表コード(Kコード)別に集計しています。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 骨折観血的手術を最も実施しており、中でも股関節の付け根部分に位置する大腿骨頚部は高齢者に多発しやすい部位でもあります。当院では基礎疾患である骨粗鬆症の治療や術後の超音波療法なども実施し、早期治癒・再発予防にも努めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 11 0.85%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
定義
 平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
 患者数が10人未満の項目は、実数字ではなく“‐”で表記しています。

解説:
 医療の質を高める為に発症数を抑えることが求められる代表的な疾患の発生率を示したものです。
 入院中は免疫力が低下していることもあり、細菌による感染症の発症や手術・処置等による合併症を発症することがあります。
 これらの疾患は、重篤な疾患の合併症として発症するケースが多いため、臨床上ゼロにすることは難しい疾患ではありますが、当院では少しでも改善できるよう努めています。
更新履歴
2016年9月30日
平成27年度宮川病院病院指標を公開しました。